スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「価値観の違い」という言葉

たくさんの人がいる中で、価値観が合う人と話をするのは、ごく当たり前のことのように思います。

 

その理由は、価値観の合う人を自然に探して、合う人を見つけたら、その人と長く付き合っているから。

 

価値観の合わない人は、自然と排除しているのだと思います。

 

けど、価値観が合うなと思う相手でも、合わない部分があるのは当たり前のこと。

 

10割ではなく、7割、いや、5割でもあっていれば付き合えると思うんです。

 

もし、合わない話をされたら、流すか、ただ受け止めるだけでいい。

 

それは、諦めではなく、その人とうまくやっていきたいという気持ちのほうが勝るからという、単純なものなのではないだろうか。

 

複雑なものではなく、単純なものの構成のような。

 

と思った、今日の人生。