スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

No.4 やのまんブックス編「水木しげる がんばるなかれ 小さなことを笑い飛ばすコトバ」を読んで

JUGEMテーマ:読書感想文

 

水木しげる先生のいろいろな本から、テーマに合ったコトバをピックアップした本です。

1章ごとにテーマは決まっていますが、1ページずつに大きな字でコトバが書いてあるので読みやすいです。

ひとつひとつのコトバにつながりはないので、脈絡がなく理解しづらい時もありましたが、面白かったです。

 

左腕を戦争で失った先生ですが、悲観的なコトバは少ないです。

ゆっくりでも進むこと、進むスピードが遅くても、気にやまないこと。

先生自体、賢くなったのは70代ということでした。

 

ゲゲゲの鬼太郎の歌で、朝は寝床でぐーぐーぐーという歌詞がありましたが、水木しげる先生は睡眠を大事にしていたそうです。

眠れる時に寝る。

朝は好きなだけ寝る。

寝れば大抵の病気は治る。

確かに、過労死は寝てない人ですもんね。

 

ゲゲゲの鬼太郎や妖怪について書かれている本を、もっと読んでみたいと思いました。

 

小さい時に、アニメのゲゲゲの鬼太郎を見ていたのですが、年表によるとアニメ化は5回?今だと6回?もしているというのに驚きました。

どの時代の子供にも愛されるというのには、理由があるのでしょう。

 

無駄な事はない。

ゆっくり進んで行こうと思える本でした。