スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「価値観の違い」という言葉

たくさんの人がいる中で、価値観が合う人と話をするのは、ごく当たり前のことのように思います。

 

その理由は、価値観の合う人を自然に探して、合う人を見つけたら、その人と長く付き合っているから。

 

価値観の合わない人は、自然と排除しているのだと思います。

 

けど、価値観が合うなと思う相手でも、合わない部分があるのは当たり前のこと。

 

10割ではなく、7割、いや、5割でもあっていれば付き合えると思うんです。

 

もし、合わない話をされたら、流すか、ただ受け止めるだけでいい。

 

それは、諦めではなく、その人とうまくやっていきたいという気持ちのほうが勝るからという、単純なものなのではないだろうか。

 

複雑なものではなく、単純なものの構成のような。

 

と思った、今日の人生。

第69回税理士試験の簿記論を受けました

JUGEMテーマ:税理士

 

8月6日、仙台の会場で、簿記論を受験しました。

 

全く勉強してなかったので、受けに行くのを辞めようと思っていたのですが、母に「旅行すると思って行ってきたら?」と言われて、決心しました。

 

今回で3回目の受験でした。

 

税理士試験は、第67回から受け始めました。

 

その時はちょうど、大学院に入学し、税理士を目指し始めた年でした。

 

税理士事務所に転職した時でもあり、はじめての税理士試験は記念受験と思って、相続税法を受験しました。

 

試験会場や問題を見るのも初めてだったので、雰囲気を感じることができる回でした。

 

第68回は、簿記論と財務諸表論を申し込みましたが、実際に受験したのは簿記論だけでした。

 

第68回の結果からは、点数も通知されるようになったのですが、結果は20点でした。

 

大学院2年目で、論文に専念していることもあり、ほとんど勉強せずに行ったので、結果はみなくても不合格だろうなと。

 

今回の第69回の簿記論は、9時からということもあり、薬の副作用の眠気を振り払うのに精いっぱいな感じでした。

 

実は、大学院は2年ではなく3年通ってしまって、今年の3月に卒業したということもあり、勉強と論文と仕事を両立させることができなかったということもありました。

 

言い訳ばかりになってしまいましたね。

 

 

第70回に向けては、予期せぬことでしたが受験専念ができる年となりました。

 

お盆で、兄家族が遊びに来ていたので、みんなが帰り、早速8月16日から勉強を始めました。

 

簿記論と財務諸表論は、去年の教材を使って始めました。

 

勉強の方法やペース配分等は、今後記録していきたいと思います。

 

 

会計人コースを1年間定期購読しました。

 

情報はそちらで仕入れつつ、徐々にがんばっていこうかと思います。

 

 

 

 

 

そのかぼちゃの天ぷら、わたしのですから!!!

今日の夕食に、母とスシローに行きました。

 

いつも、かぼちゃの天ぷらを、デザートと称して最後に食べています。

 

レーンで回っているかぼちゃの天ぷらを発見!

 

今までは、一皿100円で、4個入っていたのですが、5個入っているんです。

 

今はかぼちゃの旬なので、今日は期待できるなとタッチパネルで注文しました。

 

今日の席は、レーンの最後の方。U字型の最後から三番目くらいの席。

 

反対側のレーンに注文皿に乗ったかぼちゃの天ぷらを発見!

 

絶対うちのだ、やっぱり5個乗ってる!と喜んでいた矢先に、一つが何かにひっかかり、ぽろっとレーン上に落下。

 

停滞するかぼちゃの天ぷら、そのあとに続く皿をも停滞させていき、やばい!どうしよう、手が届くし、取ろうかな。

 

そんなことを考えていたら、ちょうど私たちの反対側のレーンの女性がサッと手で取り、皿がまた流れていきました。

 

5個が4個になっちゃった、定員さんにいったら、もう一個くれるかな、まず、自分たちのだとわかったら、定員さんに言おう。

 

そんなことを話しながら、反対側の天ぷらをとった席のほうをちらっと覗くと…

 

食べてる!おばさん二人で、私の天ぷら食べてる!レーンに落ちた天ぷら食べてる!

 

それ、わたしのかぼちゃの天ぷらですからーーー!!!

 

と、母に必死の訴え。

 

無事に4個入った皿が到着。

 

店員さんに来てもらい、一生懸命、事の顛末を説明。

 

「あっちの席の人が、わたしのここにあった、レーンに落ちたかぼちゃの天ぷらをとって食べたんです!」

 

私の必死すぎる説明に、若い女性の店員さんは理解してくださり、揚げたてのかぼちゃの天ぷらを一つ持ってきてくれました。

 

ありがとう、スシロー。ありがとう、スシローの店員の人。ありがとう、かぼちゃの天ぷら。

 

停滞したレーンを、解除してくれたことには感謝しているけど、

 

そのかぼちゃの天ぷら、わたしのですから!!

 

食べ終わったら、おばさん二人はそのあとお帰りになられました。

 

よいデザートになったことでしょう。

「気づいたら痩せていた」と言いたい

JUGEMテーマ:ダイエット日記

 

 

女性なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか…

 

そう、ダイエットについて…

 

私は、肥満です。おデブなんです。

 

今日の体重は82.0kg、体脂肪率は42.6%、BMIは30.1、体型は肥満型。

 

何かの雑誌か本で読んだことがありますが、その人のベスト体重は20歳の時の体重らしいです。

 

私は身長が165僂如■横虻个らいの時は、60kgくらいでした。

 

BMIでいうと、22くらいで、健康だとされているBMI値だったのです。

 

運動は好きな方ですが、仕事がオフィスワークになってからは、動かないのに、差入れだの息抜きだのと間食が増え…

 

食べたら次の日で調整!なんてこともしてこなかったので、みるみるうちにこの体重に…

 

25歳くらいの時に一度ダイエットに若干成功し、70kgくらいあった体重を62kgくらいに落とすことができました。

 

その頃は、体重より体型とは思わなかったので、痩せたはいいけど、二の腕は太いし、ししゃものようなふくらはぎは憎いし、太ももは外はりがあるしで、コンプレックスの塊でした。

 

そのあと徐々にリバウンドし、今と同じくらいになった時にもダイエットをし、83kgから、72kgくらいまで落としましたが、結局リバウンドし、今の体重へ…

 

今の年齢が34歳なので、トータル14年ほどで、23kgほど太りました。

 

最近では、膝も痛いし、足首も痛い。けど一番つらいのは腰でしょうか。

 

リンパマッサージに行くと、痛くて悶絶します。

 

特に太ももはセルライトがすごくて、ぼこぼこです。

 

 

しかし、長年無視し続けている私も、なぜ太るのか、なんとなく気づいているのです…

 

単純な話なのですが、消費カロリーより摂取カロリーの方が多いんです。

 

スマホと連動できる体重計で、ほぼ毎日体重を測り、あすけんというアプリを使ってほぼ毎日食事を記録しているのですが、明らかに上記の状態です。

 

体重計によると、基礎代謝量は今現在1386㎉、Fitbitによると現在の一日の歩数は多くて3,000歩なので、一日の消費カロリーは基礎代謝量も含めて約1800㎉らしいんです。

 

けど、食べている量は、少なくても2000㎉、多いときは2700㎉とか食べてるんです。

 

そりゃ簡単に太りますよね。

 

腰が痛くなって、本格的にダイエットを開始しました。

 

お盆も終わってひと段落したこのタイミングで、いろいろ始めるにはいい機会です。

 

8月16日からダイエットを開始したのですが、なにをしているか、結果は出ているか等はおいおいご報告していきたいと思います。

 

痩せろよ痩せろ〜よ、体よ痩〜せ〜ろ〜。

 

 

きゅうりを煮てみました

JUGEMテーマ:料理

 

うつ病で休職&退職したころは、毎日何もやる気が起きなかったけど、少し経って調子が少しいいときから、夕食を作るようになりました。

 

両親と暮らしているので、仕事をしているときは、母が料理をしていたのですが、母はあまり料理が好きではないようです。

 

私は、レシピ通りにしか料理ができないタイプなのですが、毎日いろいろな料理を作ると、両親は初めて食べる料理に恐る恐る手を付けて、おいしいだの、苦手だの言っています。

 

しかし、料理が苦手な母に、「料理をしてもらって助かる。」とか、「作ってもらって、こんなに楽をしていていいのかしら。」とか言われると、私もとてもうれしく、充実感があります。

 

料理はもともと好きです。

 

毎日、「自分でもできる!」という瞬間を持つことができるのは、私のうつの治療にとって良い効果を生んでいるようです。

 

 

うつの話はまた別にするとして、私はきゅうりが大好きです。

 

水分ばかりで栄養がないとか言われているきゅうりですが、何にでも合うし、麺料理に合わせるときは、一人で1本食べます。

 

しかし、煮たことはない…きゅうりを煮たところが想像できない…

 

ぱりぱりしているきゅうりがむにゃっとなるか、どんな食感になるのか。

 

 

そんな時、毎月購読しているNHKの「きょうの料理」2019年8月号をみたら、あるではないですか!

 

「きゅうりと鶏肉の梅煮」

 

きゅうりと鶏もも肉を一口大に切り、だし汁に梅干しをちぎって入れ、15分ほど煮て、しょうゆで味付けするだけの簡単料理。

 

冷めてもおいしいとのことだったので、食べる1時間ほど前に作り、食卓へ。

 

恐る恐る食べてみると、きゅうりが…

 

ぱりぱり!なんで!?煮てるのに!?という、不思議体験でした。

 

きゅうりにだし汁がよくしみているのに、ぱりぱり。

 

「これは、2回目もありだな」と思えるレシピでした。

 

液体の白だしを使ったし、梅干しが入っているので、しょうゆを控えめにしてもいいかもしれません。

 

きゅうりのおいしい時期に、また作ってみようと思います。

 


 

 

 

お盆が終わりました

みなさんはお盆をどのようにお過ごしでしたか。

 

私は、普段、両親と寝たきりの祖母の4人で暮らしています。

 

私が今、うつの治療中のため、一日中だいたいは両親と過ごしています。

 

落ち着いたものです。

 

それが!お盆という魔の時期がやってきたのです。

 

普段は、兄夫婦と一緒に来る甥と姪も、大きくなったからと、兄夫婦より1週間ほど早くきたのです。

 

姪は小学3年生、甥は年少さん。

 

甥よりも姪の方が少し神経質というか、センシティブというか。

 

ただ、私が仕事をしていないおかげ?で、毎日楽しく遊ぶことができました。

 

問題は兄夫婦が来てから。

 

とにかく計画性のない人たちなので、お盆のラッシュピークに新幹線で帰省することは決まっているにもかかわらず、チケットはとってないわで、てんやわんや。

 

そのとばっちりを受けるのは、周りの人なのです。

 

今日帰ったら、どっと疲れが。というか、放心状態で。

 

起床や就寝、食事のペースが全て崩れ、病気の私には、少し辛いお盆休みとなりました。

 

 

今日の人生

益田ミリさんの本が好きかもしれないと前から思っています。


断言せず、好きかもしれにという言葉を使った理由は、意識してミリさんの本を買おうと思って買った訳ではないのに、ふと、本を整理しているとミリさんの本が見つかるからなのです。


先日も本を整理していたら、「今日の人生」の初版本が出てきました。


とても珍しい本の装丁だと思うんです。


表紙もカラフルですが、中の紙もピンク・緑・青・黒なんです。


短めの漫画の初めには、だいたい「今日の人生」とタイトルがあるのですが、失礼ながらなんて仰々しいタイトルなんだろうかと毎回思ってしまいます。


大したことない今日の人生もあれば、とても深い今日の人生もあり、私の心の置き場所をどこにすればいいのかわからなくさせる本の一つです。


けど、何気ないことの連続が人生なら、今日起こった何気ないことも「今日の人生」以外の何者でもないのだなぁと気づかされるのでした。


大好きな本のひとつです。


私も今日の人生を記録していこうかなと思います。


ちなみに、今日の人生。


夕ご飯で食べに行ったハンバーグ屋さんで隣の家族が、サイドメニューのポテトを頼んでいました。


以前に私と母で行った時に頼んでみたのですが、到底食べられないほどの山盛りだったのに、隣の家族はぺろっと食べて、足りないねって少年が言っていました。


その後、山盛りのハンバーグも食べたのかと思うと、凄いなって思いました。


土日っていいですよね。


人が生活している一面を、平日よりも多く見ることができる気がします。




やっとで再開!

今年も7ヶ月が過ぎ、もう半年以上過ぎたことが信じられないです。


本当にいろいろありました。


大学院を卒業しました。


うつになって、仕事を辞めました。


今は無職だけど、ゆっくり治療を続けている状態です。


うつになってわかったことや、無職になってわかったことが色々あります。


社会保険を1年以上払い続けていたら、退職後も傷病手当金をもらえて、それによって安心して休養ができること。


物を買ったり、食べたりするということは、そのために誰かが働いていてくれているということ。


アルバイト程度の仕事から始めてみましょうと医者に言われて、

登録したindeedからは、毎日大量の求人がきて、仕事がたくさんあふれていること。


平日の午前中にマクドナルドに行くと、退職していると思われるおじちゃん達が、コーヒーとナゲット片手に井戸端会議していること。

(仕事終わりに行くマクドナルドとは、明らかに雰囲気が違かったので結構衝撃だった。おばちゃんじゃなくておじちゃん達の井戸端会議。)


とかとか…


誰にむけて書く訳ではないけど、私の無職体験やうつ体験、そしてこれからを記録していきたいなと思っています。


世の中には結構、小さいけど、おもしろかったり、かなしかったり、驚いたりすることがあるみたいです。



あたまのなかのいろいろなこと。

ブログを始めてから一度も書いていないので、書いてみようと思ってひらいたら、また、なにを書けばいいのかわからなくなっていた。

 

なにを書けばいいのかわからないというのにも、種類があると思う。

 

私の場合は、書きたいことの種類がいろいろ過ぎて、なにを選べばいいのかわからなくなっている。

 

仕事のこと。

 

家族のこと。

 

お金のこと。

 

勉強のこと。

 

将来のこと。

 

結婚のこと。

 

両親のこと。

 

運転のこと。

 

猫達のこと。

 

食事のこと。

 

読書のこと。

 

漫画のこと。

 

物欲のこと。

 

言い出したらきりがない。

 

そもそも、ブログを書く時の作法とか、引用とか。

 

気を付けなくていけないことがいっぱいありそうで、さらに悩む。

 

私がこの世からいなくなってしまったら、このブログはどうなってしまうんだろう、とか考え始めると、さらに進まない。

 

けど、楽しそう。

 

自分の頭の中をさらけ出すことは、楽しそう。

 

とは、思える。

 

こんにちは、はじめまして

日々の生活の中で感じたことを

 

日記のように記録するためにはじめたブログです

 

内容はいろいろになります

 

よろしくお願いします